ED(勃起不全)

症状

ED(イーディー)とは、英語では、「Erectile Dysfunction」の略として使われ、「勃起不全」や「勃起障害」のことです。
「勃起不全」や「勃起障害」というと全く勃起しない状態というイメージをもたれるかもしれません。しかし、実際はそういうわけではありません。
  • 性交時に勃起が十分でなく、満足のいく性交を行うことが困難である
  • 勃起するまでに時間がかかる
  • たまに勃起しないことがある
  • 性交時に勃起しても途中で持続が難しい状態になる
などといった症状がある場合には、ED(勃起不全)である可能性があります。

正常に勃起するためには、性的刺激が脳から神経を介して陰茎に伝わり、陰茎海綿体(いんけいかいめんたい)の動脈が拡がることにより血液が流れ込んでいる状態にならなければなりません。
つまり、下記で挙げていますが、血管に関する病気がある場合には、十分な血液が陰茎海綿体に流れないため、勃起が不十分になるという症状を引き起こします。

原因

年齢をとるにつれてED(勃起不全)になる割合は高くなる傾向にありますが、実際には年齢だけでなく、ED(勃起不全)になる原因としては、大きく分けると①心理的な要因、②生活習慣による要因、③疾患・病気による要因、④手術や治療、薬による要因があります。
  • 自分自身では気づきにくい心理的・精神的な要因(ストレス、うつ、不安、性格等)
  • 生活習慣によるもの(喫煙、アルコールの常飲、運動不足等)
  • 心臓や血管に関する病気(心筋梗塞、高血圧、動脈硬化、不整脈、狭心症)
  • 糖尿病
  • 男性更年期障害
  • 手術や放射線治療の影響
  • 薬の作用によるもの(抗うつ剤、睡眠薬、精神安定剤、高脂血症用剤等)
  • 泌尿器科系の疾患(前立腺肥大等)や腎不全などの疾患

治療法

ED(勃起不全)の治療方法としては、内服薬を処方することが主たるものになります。
お聞きになったことがあるかもしれませんが、「バイアグラ」という治療薬の他にも「レビトラ」「シアリス」といったものがあります。

ED治療薬は、勃起をサポートする薬になります。血管の拡張を邪魔する酵素を治療薬は阻害する働きがあります。
治療薬を服用しながら徐々に改善していく方法もありますが、その際にはご注意いただきたいことがあります。

心臓の病気や排尿障害、血圧の薬を服用している場合には、ED治療薬を服用する際、特に注意が必要です。

ED(勃起不全)の原因にもよりますが、ED治療薬を長い間ずっと服用し続けることは経済的にも厳しいかと思います。
そのような場合は、しっかりと原因をつきとめ、治療薬を使用しながら時間がかかったとしても、改善していくように努めましょう。

勃起する流れとして、血流が関わっていることは症状のところで説明していますが、ED(勃起不全)が起こる原因として血行が悪いことが挙げられます。
栄養バランスの乱れや血中の脂肪分の増加、運動不足により血液の流れが悪くなっている場合もありますので、日常の生活習慣を改善していくのも治療方法の1つになります。生活習慣を見直して血流改善を行っていく必要があります。

ED(勃起不全)は、治療不可能な病気ではありません。恥ずかしがらず、一度専門医にご相談ください。

ED治療薬(バイアグラ)について

バイアグラ、レピトラ、シアリスに関しては、院外処方箋を発行しています。
薬局で購入していただきますが、1錠あたり1,400円~1,600円ほどです。

当院では、治療薬(バイアグラ)のジェネリック医薬品を取り扱っております。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。
20錠 18,000円(1錠あたり900円)

※当院では、20錠単位で院内処方を行っております。ご了承ください。

治療用カレンダー
治療用カレンダー
  • 医師のご紹介
  • クリニック紹介
  • 泌尿器科
  • 皮膚科疾患
  • 内科疾患
  • 小児科
  • 耳鼻咽喉科
  • よくある質問
アクセス
アクセス
医療法人 良仁会 増森クリニック
〒454-0962
愛知県名古屋市中川区戸田3-1717
TEL:052-302-8787
診療時間
診療時間
9:00

12:00
16:00

19:15
休診日/水曜、日曜、祝日
☆午後 14:00~16:00
窓口 受付終了時間▽
午前 8:45~12:00
午後 15:45~19:00
(土曜日 午後13:45~16:00)
受付 オンライン▽
午前 9:30~11:30
午後 16:30~18:30
(土曜日 午後14:30~15:30)